結婚指輪をすぐに購入できない場合

結婚指輪は挙式の時の指輪交換の儀式で使いますが、いろいろな事情で挙式をしなかったり、結婚指輪を用意できなかったりという事があります。

◎結婚指輪はいつ必要?

結婚指輪は絶対に用意しなければいけないということはありません。

※あわせて読みたい→http://woman.infoseek.co.jp/news/love/menjoy_197371

最近は結婚式をしないカップルも増えていますし、婚約指輪も結婚指輪も無しというのも珍しくありません。

世間一般ではプロポーズの時には婚約指輪、結婚したら結婚指輪を渡すというようになっていますが、すぐに購入できない場合は後から用意してもいいのです。

◎結婚指輪を記念日に

経済的な理由などで結婚式も行なわず、結婚指輪も無いという場合でも、後から余裕ができてから改めて選びに行くという事もできます。

こういう時は結婚記念日などに合わせるといいかもしれません。

もしくは夫婦どちらかの誕生日、バレンタインやクリスマスなど、イベントの時でもいいでしょう。

すぐに結婚指輪を用意できなくても、後から購入できる時に選べばいいのです。

◎まとめ

結婚指輪をすぐに用意できなくても、後になってから選ぶことはできます。

正式な結婚指輪が用意できるまでは、ペアリングでも代用できます。

世間一般とは違っても、自分たちのペースやスタイルに合わせてもいいと思います。

結婚した時は経済的な余裕がないため結婚指輪を購入できず、後から余裕が出来た時に結婚指輪を購入する人はたくさんいます。

ここは人による違いはありますから、自分たちのペースで考えても大丈夫です。

Comments are closed.

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.